人生を健康に生き抜く

ターミナルケアとQOLについて考える

ターミナルケアとQOLについて考える
先日、知人が胃ガンのために亡くなってしまいました。

 

まだ50代の婦人だったのですが、胃ガンは既にステージ4になってしまっていて、ガンは体中に転移したような状態でした。
もっと早い段階から治療を始めていれば良かったのかも知れませんが、後の祭りです。

 

彼女の場合、最後の数か月間はターミナルケアのみを行っていたそうです。
どんなに最新の医療を総動員しても、もう助かる見込みのない末期ガンなどの場合は、ターミナルケアの選択肢を選ぶことも多いのです。

 

彼女もまた、最後の期間は本人の願うように自宅を中心に過ごしていました。
QOL(クオリティー・オブ・ライフ)という言葉がありますが、自分の死期が近いのを悟った彼女は、正にそのQOLを選んだのでしょう。

 

確かに、治る見込みのない患者なら、できるだけ痛い思いをしないようにしたいでしょうし、怖い思いも味わいたくはないに決まっています。
そして最期のその瞬間まで、できるだけ愛する家族と共に過ごしたいと願うはずです。

 

そのような患者の希望を少しでも多く叶えて上げることもまた、大切な医療行為の一種なのです。
今の時代、医療は高度に発達しています。昔の時代であれば助からなかった患者も、助かるようになってきています。

 

しかし、それでも不治の病のようなものはありますし、快復の見込みがなくなる患者も後を絶ちません。
それはおそらく、これから先の未来の社会においても、基本的には変わらないのではないかと思います。バイアグラ通販

 

ただ、ターミナルケアには、まだまだ発達や進化の余地は残されているように思います。
生活の質を高め、人生の質を高め、そして生命そのものの質をも高めていく取り組みは、今後も順調に伸びていって欲しいと願います。

 

怪我や病気を治すことだけが医療ではありません。

 

ターミナルケアやQOLのような側面もまた、非常に重要ではないかと思います。
私もいつかは死を迎えますが、たとえどんな死因であろうとも、できるだけ安らかに死にたいと願います。

最近、第何次目かの成長期に入っている(笑)

 

毎年3月に会社の定期健診があり、この前返ってきた検査結果を見てみると、体重が増えている。
3キロぐらい・・・。
いや、もちろん分かっていたことですが・・・。

 

私、子供のころからぽっちゃりタイプで人生いつでも、ダイエットしなきゃ、痩せたいと思って生きてきた。
だから今までだったら、3キロも太ったんなら、痩せなきゃ、食べる量を減らさなきゃ、と思っていたと思う。(実際に行動に移すかどうかは別として)

 

でも、今回はちょっと違う。私もアラフィフになり、見た目よりも健康を意識するようになった。
食べる量を減らして体重が落ちたとしても、また食べ始めたらもとに戻ってしまうし、何よりこの年になって食べたいものを我慢するなんてつまんない。犬猫のノミダニ 駆除

 

それよりも、体操なんかをして、30代後半からすっかり衰えてしまった筋肉をつけるほうが、体にとってはいいのでは?
日本人の場合、ちょっと小太り程度のほうが長生きするって何かで読んだ気がするし・・・。

 

あんまり摂生してコレステロールが少なくなりすぎても、血管がもろくなって脳出血とかおこるらしい・・・。
昔の貧しかった時代の日本では、栄養状態の悪さから脳出血で亡くなる人も多かったとか・・・。

 

私も十年くらい前は低コレステロールで引っかかったことがあったな。

 

なんて考えていると、もうダイエットはいいかな、と思えてくる。なにより、今回の検診結果も私は全部Aだった。
私の働く会社には30代・40代・50代の男性がたくさんいるが、彼らはもれなく引っかかっている。再検査とか要観察とか・・・。

 

うちの夫もだ。夫はほぼ毎日3食、私の作ったものを食べている。週末は大好きなカップ麺も食べたりするが、私と食べているものはほとんど一緒である。
量は違うけど。でも夫は遺伝的にコレステロールが高く、血中脂肪もいつも高い。

 

結局いろいろ健康に気を付けても体質には勝てないんじゃないのか。

 

私も家系的に糖尿病には気を付けないといけないけど、食べたいものを我慢して痩せるのではなく、食べたいものはほどほどに食べて、体操したりマンションの階段を9階まで登ったりして、健康維持につとめたいと思っている。

薬は医療に欠かせないものです。
薬によって、病気を治したり、症状を軽くする事で、私達は健康を取り戻すこともできます。

 

しかし薬の効果には、個人差があります。
年齢、腎臓や肝臓の機能、遺伝、人種、性別などによっても薬の効果が違うそうです。

 

たとえば、人種によって、体内の代謝酵素の量は異なっています。
日本人をはじめとする、モンゴロイドにはアセトアルデヒド脱水素酵素2型の活性を持たず、お酒に弱い人が半分近くいる事はよく知られています。

 

白人や黒人は、遺伝的にこの酵素の活性をほとんど100%の人が持っていてアルコールに強く、二日酔いにもなりにくいのが良い例です。
薬の過敏症も薬物代謝酵素の遺伝的異常が関係すると考える人もいます。シアリスジェネリック

 

薬の効果は、昼と夜でも違います。人間の体の機能は一日の間で変動していてそれに伴って、薬の効果にも変化が現れるためです。
性別による違いもあります。

 

男性と女性を比較すると、男性の方が薬を代謝する酵素を多く持つ事が多いため、女性の方が、薬に対する、感受性が高く、効きやすいということもあります。
また、プラセボ効果の影響も関係する事があります。

 

プラセボ効果とは、有効成分を、含まない薬を使っても、「薬を飲んだ」という心理的影響により、現れる効果のことです。

 

心理的影響が深く関係する、痛みや不安などで、プラセボ効果は見られやすいです。
しかし、心理的要因があまり関係しない、細菌感染や腫瘍では、あまりプラセボ効果は関係しません。水虫の薬

 

加齢の影響による薬の効果の違いもあります。高齢者は腎臓、肝臓の薬物代謝機能が低下します。
そこで、薬物排泄の遅延や、蓄積を生じやすくなり、薬の効果が強く出すぎたりする事があります。

 

しかし、一方で、高齢者は、胃腸の働きが低下したりすることにより、薬の吸収が悪くなり、効果が現れにくいということもあります。

 

このように、薬の効果には、個人差がありますので、健康をとりもどし、維持するための安全で有効な医療において薬に対する感受性の個人差という要因を含めて薬を使う事がとても大切だと思います。

健康を保つためにはさまざまな方法が出回っていますが、まず一番基礎的なところからいうと、睡眠、食事、運動といったところでしょうか。
中でも今回はもっとも重要な睡眠について記載したいと思います。

 

現代の人々は、パソコンやスマフォなど、とにかく頭が冴えるものばかりで、夜遅くまで利用しているために、
寝つきが悪かったり短時間睡眠になってしまったり、睡眠の量も質も悪く、睡眠をおろそかにしている人が数知れません。

 

しかし、この睡眠、不足状態が続くと免疫力が低下し、がんなどを誘発することにもなりかねませんし、
うつや不安障害など、精神疾患の要因にもなっているのです。

 

ここで眠れないからといって医療機関を受診し、睡眠導入剤や睡眠薬を服薬している方もたくさんおられますが、やはりこれらの薬は、一時的に体調改善のために使用するには問題はありませんし、
むしろ必要ですが、やはり癖になってしまいどんどん強い薬が必要になることもあるので、できる限り服薬する前に改善できたらいいに越したことはありません。

 

どのくらい睡眠をとればいいかという目安の時間は個人差があるので、はっきりとは申し上げられませんが、7時間前後が最適な方が多いようです。

 

睡眠の質を上げるためには、できるだけ夕方くらいからコーヒー、紅茶などのカフェイン飲料をとらないこと、ハーブティーなどのノンカフェインのあたたかい飲み物をゆっくり飲みながらリラックスすること、
パソコンや携帯、ゲーム、テレビなどから出る光が良質な睡眠を妨げるのでこれらを少なくとも眠る1時間前にはやめること、
シャワーではなくぬるめのお風呂にゆっくりつかること、眠る前にあたたかいミルクを一杯飲むこと、
などなど、これらを実践していただくだけでずいぶんと睡眠の質が変わってくると思いますのでぜひためしてほしいと思います。アフターピル通販

 

食事や運動も大切ですが、睡眠の大切さはあまり認識されていない上、さまざまな病気のリスクから私たちを守ってくれる存在ですので、
もっと重要視されるべきではないかと思います。

みなさんはパニック障害をご存知でしょうか?
いつあなたもこのような病におちいるかわかりませんし、現在とても多いといわれています。

 

何かのきっかけやストレスなど会社の色々な疲れなどが重なってしまいこのようなやっかいな病気になってしまうことがあります。
パニック障害はどのような病気かといいますと周りには怠けと思われてしまうかもしれないような病気です。

 

突然動悸がしたり不整脈や胃部不快感や強烈な吐き気や過敏性腸炎などの下痢や貧血のようなめまいや頭痛や全身倦怠感、や不眠など色々な症状が人それぞれことなった状況ででてきます。

 

そのなかで特に気をつけないといけないことはすべてがパニック障害を引き起こしていると思いこまないことです。
中には大きな病気の前兆で現れている症状かもしれません、ですから一度定期的に血液検査やCTスキャンなど胃カメラなどもしてそれでも健康なのにも関わらずこのような症状がつずいているようならばまずパニック障害の可能性はありますよ。ed治療薬レビトラ

 

この場合は心療内科や精神科を受診してくださいね。
行きにくいイメージがありますがそんなことはありませんよ。

 

予約制ではない良い病院も数多くあります。病院にいったら問診で色んな事を聞かれますがありのままでこたえてくださいね。
今パニック障害を治す薬は根本的にはありませんが予防したり改善させていくことはできます。

 

まずは第一選択でベンゾジアゼピン系抗不安剤、安定剤と言われているものを出されることがあります。
この薬には色んな種類がありますが最初は自分にあった安定剤を模索する必要があります。

 

頓服で使うことが多いですが朝に一錠のんでおいて後は状況に応じて頓服で使う薬と変えて出されることもあります。
またこのような安定剤では効果的ではない場合は抗鬱剤の併用の可能性もあります。

 

セロトニンの脳内の物質が関係している可能性があるからです、安全なSSRIやSNRIや三環系や四環系などの抗うつ剤が処方されるかもしれませんがしっかりと飲めば少しは効果がでてきます。

 

しかし時間はかかるので継続が大切です。また副作用で吐き気や眠気がきつい時はすぐに先生に相談して治療方法をかえるか薬をかえるかの判断が必要となりますのでちゃんと自分で体調の変化をみておきましょう。
参考にしてください。

おすすめサイトご紹介